ご案内

当園のご案内

ごあいさつ

本園は昭和43年4月、周辺がほとんど畑で武蔵野特有の雑木林が点在している中に設置し、開園いたしました。以来、人間形成の基礎を培うべく本質的な幼児教育に専念してまいりました。

今では閑静な住宅街の中に位置し、道路も交通量は少なく通園上の安全性も高く、静かな環境に恵まれています。広大な園地(4000㎡)には緑豊かな樹木が配置され、園児の健康面や活動面を充分に配慮した幼稚園です。

保育室の広さは設置基準を上まわり、広い園庭には数多い安全な遊具が設置され、子どもたちは活発な遊びを楽しみながら体力づくりをしております。又、大型ユニットプールは子どもたちの大好きな水あそびを満喫させ、夏期には開放日を設け幅広く活用しております。

恵まれた環境の中、社会生活の第一歩を踏み出す大切な時期であることを認識し、読み書き等を教える以前の幼児教育に力をそそぎ、在園中はもちろん卒園後の学校教育にも即応できる素地を培うための努力を続けております。
小平みどり幼稚園
理事長 星野 髙宏
園 長 星野 富男
小平みどり幼稚園園歌

教育目標

子どもたちは集団生活を通して、人間としての根っこを学んでいきます。

幼稚園教育の全領域について確実、且つ安心のできる実のある教育実践と就学後の全教科の基盤となる考える力を養い、将来に対して希望と期待の持てる堅実な教育を実現するため、下記の教育目標を掲げて保育活動を続けております。
心身ともに
より豊かな子どもを育成する
明るく素直で円満な心情や、知力、体力、情緒の調和のとれた豊かな子どもを育てる。
子どもたちの潜在的な能力を
引き出し、合理的の芽生えを養う
優れた幼児教育理論を日常保育に導入し、かず、ことばを素材とした遊びの中で考える力を養い、将来の教育学習の基盤となる思考力を育む。
体力を増強し、健康な
からだを育成する
現代っ子のひ弱さを解消するため、楽しい雰囲気の中で、体操教室等を実施し、積極的に体力を養い、安全と健康増進をはかる。
民主的な
人柄を育成する
自由平等で、集団の中で責任や義務を果たし、他人に対して迷惑を掛けない社会性、自主性のある子どもを育てる。
社会性の芽生えを培う
友だちと仲良く遊び、きまりある生活ができ、更に日常生活全般に適応できる基本的生活習慣を身につけさせる。
体育指導
子どもたちの成長にとって、強い柔軟なからだはとても大切です。 小平みどり幼稚園では、体育専門の講師による体育指導を行っております。 週1回の指導で、子どもたちの体力の向上を図ります。

預かり保育(ふたばクラブ)について(7:30~18:30)

保育が始まる前と終了後にお子様をお預かりする制度です。
夏・冬・春休みの期間中も実施します。 詳細については受付でお尋ねください。
 
※ 施設等利用給付認定の2号または3号認定を受けている園児が預かり保育を利用した場合、450円/日 の補助金が支給されます。補助額の上限は月額11,300円または保護者の負担額までになります。質問や詳細については各市までお問合せください。

施設紹介

園内の地図
広い園庭
のびのびと遊べる広い園庭
遊具
楽しい遊具もたくさんあります
ゆうぎ室
ゆうぎ室
正門
安全・防災管理について
下記の設備を設置しております。
  • 学校110番非常通報装置
  • 非常用放送設備
  • 玄関入口の検知センサー
  • AED(自動体外除細動器)
  • 防犯監視カメラ4台
  • 職員室⇔保育室相互インターホン
  • 緊急地震速報受信機
その他、CODMON(コドモン)導入、全室冷暖房完備など、保護者の方の利便性や、園内の生活環境にも配慮しております。